日本テレビで大好評放送中の
「カミングアウトバラエティ!!秘密のケンミンSHOW☆」
佐賀県の秘密は何!?
このサイトではこれまでの放送内容一部と
今後放送される情報も随時更新していきます!!

他県民のヒミツはコチラ!
最近の記事

2010年05月18日

「【佐賀編】辞令は突然に・・」vol.2


◆スーパー「モリナガ」昭和32年創業で野菜や果物、海産物などの多くが佐賀産で、地元佐賀に根付いたスーパー。お弁当は40種類以上が一つ280円と激安。

◆有明海には広大な海苔養殖施設があり、佐賀県は海苔の収穫量が日本一。購入金額も日本一で海苔大好き県民。海苔は冷凍庫で保存するのが常識。

ブラックモンブランで有名な竹下製菓。明治35年創業で現在主にアイスクリームの製造をしている。ブラックモンブランはバニラアイスをチョコクランチでコーティングしたもので、佐賀県民なら誰もが知っているアイス。主に九州地方で販売されている。
年間2000万本以上生産されており、人気は棒についているくじで、点数制のあたり表記がされており、90点で1本と交換できる。さらに500円分の図書カードや、1000円分のQUOカードが当たることも。




新商品として九州地区のファミリーマートでブラックモンブランデザートが販売開始。生クリームをチョコスポンジで挟み、アイスと同様のチョコクランチでコーティング。

◆佐賀県は宝くじの高額当選率が日本一。中でも佐賀西友チャンスセンターでは高額当選率が高いとされており、17億円以上が当選している。高島にある「宝当神社」は宝くじ購入者がたくさん訪れる。

◆佐賀は長崎と隣接していることからちゃんぽん屋さんが多い。長崎は具材が魚介系で鶏ガラベースなのに対し、佐賀は具材は魚介を使わずたっぷりの野菜ととんこつベースである。しかもウスターソースをかけて食べる年配の人が多い。



〜2010/2/11放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by 有田 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

「【佐賀編】辞令は突然に・・」vol.1

◆日経リサーチが行った地域ブランド力調査に於いて41位と九州地方で最下位。

◆佐賀駅から福岡県博多までは特急でたったの32分で、高速バスも福岡天神まで一日48往復走っているため、福岡までの交通の便が良い。

◆佐賀県はようかんの消費量が日本一。小城市内には羊羹専門店が20店以上ある。稲荷ようかんは年間20万本以上も売れる大人気商品。佐賀県民の贈答品と言えばようかんが多い。
有名な小城羊羹はこちらから → 小城ようかん 5本入り


◆佐賀県で「や〜らしかね〜」というのは「かわいい」という意味。

玉屋は創業203年を誇る佐賀県唯一のデパート。玉屋と高島屋の紙袋のデザインはそっくり。以前は高島屋グループだったため同じ紙袋を使用。その後高島屋の紙袋は変わったが、玉屋の紙袋はそのままのため、微妙に違っている。ちなみに制服も高島屋と同じ。

POMPADOURと言えば、横浜元町に本店があり、全国に70店舗以上を展開する有名なパン屋さん。玉屋に入っているが、佐賀県民はなぜかポンパドウルを「玉屋さんのパン屋さん」と呼ぶらしい。

◆佐賀県は耕地面積の割合が多く、耕地利用率は全国一位。しかも玄界灘と有明海に面しているため魚介類も豊富。

◆佐賀県は有田焼をはじめとする焼き物王国。佐賀県内には400以上の窯元があり、ラーメン屋さんや小学校の給食から有田焼を使っているところも多い。

有田焼はこちらから↓↓





〜2010/2/4放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by 有田 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

「佐賀県民は恵比寿様の石像に囲まれて暮らしている!?」

恵比寿様といえば、言わずと知れた七福神の一柱。右手に釣り竿、左手に鯛を抱えた漁業と商売繁盛の神様だが、石像は神社の境内にあるのが一般的。

しかし、佐賀県では街のいたるところ、車道の脇や繁華街の一角、住宅地の道端にも恵比寿様の石像が!!多いところでは20〜30m間隔でおいてある。

その数、佐賀市内に約450体。佐賀県全域で約1,000体あるという。日常になじみすぎていて県民でさえその多さにびっくりしていました。

江戸時代長崎街道で商店街があったところに商売繁盛の神様として祀られたのがはじまりで、佐賀は石工が多かったため、恵比寿様の石像がよく造られたと言われています。

佐賀県民の恵比寿愛は果てしなく、松原神社の境内には高さ2.5mの恵比寿様がつくられ、JR佐賀駅や佐賀空港にも石像が置かれていました。

また、クリーニング店では、鯛ではなくアイロンを持ったなんともかわいらしい恵比寿様が。

そして驚くことに恵比寿様は石像だけでなく、お店の名前や屋根の鬼瓦、ネクタイのキャラクターにも恵比寿様が使われていました。

佐賀県民の恵比寿愛はすばらしいですね。



posted by 有田 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒミツの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。